石神井バレエ・アカデミー

〒177-0041                
東京都練馬区石神井町2-1-2

クラス一覧

バロックダンス・クラス

バロックダンスは、17、18世紀のヨーロッパの舞踏会や、バレエやオペラなどの劇場で踊られたダンスです。舞踏会では王侯貴族たちが社交や楽しみとして踊り、劇場ではプロフェッショナルのダンサーたちが技術と技巧を追求して踊っていました。

バロックダンスが生まれたのは、17世紀フランスの国王ルイ14世の宮廷です。洗練されたフランスの宮廷文化をヨーロッパ中の宮廷が手本とする中で、このダンスも欧州全土に広まりました。

バロックダンスは、その後、時代を経て、19世紀にはクラシックバレエへと展開してゆきました。そのため、クラシックバレエのルーツのひとつとなのです。

私どもでは、このバロックダンスをレッスンするクラスを設置しております。

18世紀のダンスの教則本より

クラス一覧

クラス 対象・内容 曜日・時間 受講料
一般

ダンスやバレエの経験を問わないクラス

バロックダンスの基本を学習するクラスです。振付は宮廷舞踏会で踊られたものを中心にレッスンします。

(レッスンの中心は、バロックダンスですが、ルネサンスダンスや19世紀の歴史的なワルツなどのレッスンも適宜行います。)

日曜日

4:15~5:45

16,200円(税込)(6回分)

プロフェッショナル

バロックダンスのプロフェッショナルを育てるクラス

バロックダンスの十分な経験者を対象にしています。ダンサー、教育者、研究者のプロフェッショナルを育成するクラスです。

日曜日

6:00~7:30 

16,200円(税込)(6回分)

18世紀後半に描かれた舞踏会の様子

入会金・受講料・資料代

入会金

当アカデミーの通常の入会金は10,000円ですが、このクラスは入会金不要です。

受講料について

上記の受講料はレッスン6回分のチケットの料金です。回数制ですので、レッスンへの連続出席が無理な方も、ご都合に合わせて出席いただけます。都度払いも可能です。

資料代

舞踏譜(振付の譜面)などの資料をお配りしますので、別途資料代1,000円を入会時に申し受けます。

レッスン日程

  • 《一般クラス》 
    レッスンは日曜日に行っています。
    レッスンの回数は、原則として月2回です(レッスン日は月ごとに決めます)。

  • 《プロフェッショナルクラス》 
    レッスンは日曜日に行っています。
    レッスンの回数は、原則として月1回です(レッスン日は月ごとに決めます)。

体験レッスン

体験レッスン

「一般クラス」の体験レッスンご受講を承っております。1名様1回ご受講いただけます。

下の日時と受講料で、体験レッスンのご受講を承っております。

  • 日にち: 2019年9月8日、9月29日(日)
  • 時間:(各日)16:15~17:45
  • 受講料: 1,000円(税込)
    (体験レッスンご受講後、ご入会の場合には返金致します。)

体験レッスンお申込み&お問い合わせ:   
「お問い合わせフォーム」を通じてご連絡ください。

お申込み受付〆切: 
必要な準備のため、希望されるレッスン日の3日前までにお願い申し上げます。

※「プロフェッショナルクラス」の体験レッスンにつきましては、お問い合わせください。


※クラスの「見学」: クラスには、レッスンに参加せず、レッスンの様子を見るのみの「見学」の制度もございます。「見学」は無料です。「見学」もお一人1回のみ可能です。

教師

  • 市瀬陽子(一般クラス&プロフェッショナルクラス担任) 
  • 三上夏子(一般クラス担任)

市瀬陽子・プロフィール

バロックダンスダンサー、振付家、舞踊研究家。聖徳大学准教授、東京芸術大学講師、昭和音楽大学バレエ研究所研究員。
立教大学、東京芸術大学卒。15~18世紀のヨーロッパ宮廷舞踏、音楽劇・バレエ作品を中心に研究、舞台を制作・上演する。17~18世紀フランスの作品による“優雅な宴les fêtes galantes”(1992/3)、シリーズ公演 “ひとときの夢les songes agréables”(1995-1999)、“テルプシコーレTerpsichore”(2000-2008)等を発表、上演に際しては振付・ 構成・演出、舞台や照明、衣装のデザインなども手がける。ダンサーとしての活動と同時に、論文・雑誌寄稿等の執筆活動、ルネサンスからバロックに至る時代のダンス指導にも積極的に取り組む。


バロックダンスクラス・レッスン風景

(2019年8月17日更新)

メインメニュー