石神井バレエ・アカデミー

〒177-0041                
東京都練馬区石神井町2-1-2

クラスガイド

18世紀の教則本より

バロックダンス・クラスガイド

バロックダンス・クラスはつぎのような方にご興味をお持ち頂けると思います。

(バロックダンスの簡単な説明とクラスの詳細は「クラス一覧」のページに掲載しております。そのページをご覧ください。)

《音楽演奏をされる方・音楽を教える方》

  • 演奏家(プロフェッショナル/アマチュア)で、「バロック音楽の舞曲で踊られた、その時代の実際の踊りを知って自身の演奏に活かしたい」という方
  • 音楽教師で、「バロックの舞曲の演奏の仕方を生徒に教えるために、その時代の実際の踊りを知りたい」という方

「メヌエット」「ガヴォット」「ブーレ」などバロック音楽の舞曲をバロックダンス・クラスではレッスンしています。

《バレエダンサーの方・バレエ教師の方》

  • バレエダンサー(プロフェッショナル/アマチュア)で、「クラシックバレエのルーツを学び、実際に踊って習得し、自分のバレエの活動に活かしたい」という方
  • バレエ教師で、「バレエの歴史に興味がある。クラシックバレエのルーツを実際に踊って体感して、バレエの理解を深めて生徒たちの指導に活かしたい」という方

⇒バロックダンスはバレエのルーツです。バロックダンスを習われると、クラシックバレエとの共通点や相違点など様々なことに気が付かれるのではないでしょうか。

《コラム(1)》 

クラシックバレエとバロックダンスのつながり
〈ルドルフ・ヌレエフ〉

バロックダンスに興味を持ったバレエダンサーひとりに、20世紀を代表するダンサーであり、バリ・オペラ座の芸術監督も務めたルドルフ・ヌレエフがいます。彼はバロックダンスがクラシックバレエのルーツであることに興味を抱きました。そして、舞踊史家でバロックダンスを専門とするフランシーヌ・ランスロに、バッハの無伴奏チェロ組曲を音楽に、ソロの振付の制作を依頼しました。

そのバロックダンスの所作を取り入れて作られた振付は、ヌレエフ自身によって1984年4月にパリのシャンゼリゼ劇場で踊られました。この振付が作られた詳しい経緯と振付(部分)の映像は「ルドルフ・ヌレエフ協会(The Rudolf Nureyev Foundation)」のWebサイトでご覧になることが出来ます。以下がそのリンクです。

The Rudolf Nureyev Foundation

18世紀のダンスの教則本より

《バロック音楽を愛好される方》

  • バロック音楽を聴くのが好きで、「好きな音楽と同時代のダンスを踊れたらさらにバロック音楽を楽しめるだろうな」という方

⇒バロックダンスは、17~18世紀に作られた振付を舞踏譜(ダンスの譜面)を基に踊ります。まさに17~18世紀の宮廷人たちが感じていたダンスの感覚を味わうことが出来ます。

《コラム(2)》

コンテンポラリーダンスとバロックダンスの融合
〈パリ・オペラ座ーバレエ学校〉

パリ・オペラ座のバレエ学校は、2019年の学生出演の公演でバロックダンスとコンテンポラリーダンスのスタイルを融合させた振付作品を上演しました。タイトルは《D'Ores et déjà(これから)》。音楽は18世紀フランスの作曲家ラモーの曲。「今シーズンの作品は、様々な時代のスタイルとテクニックの旅を贈る」という趣旨の許、この振付作品が踊られました。

2019年3月~4月に上演されたこの振付作品(部分)の映像が、以下のサイトでご覧になれます。(以下の2つのリンク、どちらでも同じ動画をご覧になれます。)

PARIS OPERA BALLET SCHOOL PRODUCTION
YouTube 《D'Ores et déjà》
18世紀後半の舞踏会の様子

バロックダンスクラスの詳細は「クラス一覧」のページに掲載しております。ご覧ください。

メインメニュー